大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オステオパシーセミナーで知り合った友人の話し | main |

オステオパシー アカデミー

0

    大阪府堺市の整体院のブログです。

    当院は関西で唯一のフランス政府公認の

    オステオパシー学校を卒業したセラピストが施術する

    正統な信頼できる整体院です。

     

    今回は、オステオパシーの勉強の方法について。

    私は、オステオパシーを学び始めて12年になります。

    最少は、神戸の方で2年間ほど学びました。

    それから、「オステオパシーとは何か」を学ぶために

    東京でフランス政府公認のオステオパシー学校が開校すると聞き

    急遽入学することにしたのです。

    ですからオステオパシー学校を卒業して4年になりますかね。

    オステオパシー学校を卒業してからは保険取り扱いをやめて

    自費診療にきりかえました。

    今年はコロナで大変ですけど、コロナ騒ぎになるまでは、年間に沢山セミナー

    に参加しても経済的に問題ないほどになってました。

    でもコロナでコテンパンにやられましたね。

    総理やマスコミが、外出するなというからですよー。(笑)

     

    最近、以前神戸のオステオパシーセミナーで知り合った理学療法士の先生が

    開業したとききました。

    その先生は、オステオパシー学校へは行かずに

    色々なところで行われているセミナーに参加する方法で

    オステオパシーを学びました。

    今は、クリニックに努めながら、クリニック終了後

    と土日で開業していると言ってました。

    毎日仕事終わってから、自分のオステオパシークリニックで働く

    休みの日も自分のオステオパシークリニックで働くなんて身体が

    休まる時間がありませんよ。

    病気にならなければいいのですが。

    その先生の施術のコンセプトはエネルギー施術でした。

    開業したと聞いて、その先生に施術してもらいに神戸に行って自分の身体で施術を受けてきましたので

    まちがいありません。

     

    何が違いを生じさせたのか?

     

    オステオパシー施術の一番大切なことは

    全身をチェックして、原因を取り除くことです。

    これ、よく巷の整体院がWEBで書いてますよね?

    「当院は全身から原因を見つけ出し、除去するから治るのです」

    みたいなこと。(笑)

     

    実はこれが施術の根本なのですが、これが非常に難しく

    そんな簡単にできるものではないのです。

    理由は、問診や触診で障害部位を特定していくのですが

    その必要十分条件に、施術者が高度な全身の解剖・生理学・症候学知識をもっていることが必要なんです。

    オステオパシーの基礎なのですが、ここが非常に大切なのです。

     

    セミナーではここを省きます。どうしてか?

    それは基礎だからです。欧米では基礎知識を学んだものがセミナーで学びます。

    日本では、オステオパシー学校を卒業していない人がセミナーに参加しているので

    基礎なしではセミナーの内容を理解できないのです。

    すると間違った理解になり自分なりのオステオパシー概念で施術するようになります。

     

    学校で学ぶと基礎が身につく

     

    基礎があると考えることができます。

    日々の臨床が学ぶ場になります。

    実はセミナーばかりで学んだ人は、セミナーで教えてもらった先生の模倣ができるだけなんです。

    方法論ばかりで。

     

    基礎は力の源

    基礎を学ぶには、やはりオステオパシー学校を卒業するのが一番です。

    「年月もお金もかかるしなー」

    そうですよね、でもそれが一番の成功への近道なんです。

     

    基礎を学んだ人から教わる

     

    難しいことはなにもないです。

    オステオパシー学校で学ぶ

    オステオパシー学校を卒業した人から教わる

    これが最も大切なことです。

     

    頭蓋、内臓、骨脊柱・関節、筋筋膜、神経、脈管

    という各概念からみる考え方が必要になります。(見る角度を変える)

    靭帯関節ストレインとかマッスルエナジーとかカウンターストレインとか

    筋膜リリースとかという概念は、重要ではありません。

    要はどこの組織に何をしているかを考えて施術することが非常に大切になります。

    カウンターストレインばかりしている人は、オステオパシーをわかっていない人です。

    内臓ばかりをしている人も、オステオパシーをわかっていません。

    頭蓋ばかりをしている人も同じです。

    エネルギーばかりしている人も。

     

    本当のオステオパシーを学びたい方は

    一度私に連絡ください。

     

    ちょっとした行動が貴方の未来を変えるかも

     

    https://www.osaka-osteopathy.com

    info@osaka-osteopathy.com

    072-269-4103

     

     

    オステオパシー・セミナー | permalink | - | - | -