大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 脳神経セミナーに参加しました。 | main |

交通事故の後遺症「むち打ち」は必ず治ります。

0

    大阪府堺市堺区の整体院のブログです。

    当院はフランス政府公認のオステオパシー学校を卒業した

    セラピストが施術します。

     

    今回はむち打ちの話。

    私がオステオパシーの勉強を始めた10年前ころに、ある協会が主催した、「むち打ちセミナー」に参加したことがある。

    内容は、あまり覚えてないのだが、頭蓋、仙骨、腸間膜、縦郭等への施術で効果があるといった内容だったと思う。

    「むち打ち」の原因は、もちろん交通事故なので、側方や後方、または前方からの衝撃が首に伝わり、受傷することによる。

    原因が明確なので、原因を特定し易いはずだが、なかなか治癒に至らないのが特徴である。

     

     

    首への外傷は、原因が多くて原因を特定することが困難な場合が多い。

    特に「むち打ち」は頭蓋、脊柱、仙骨を施術しても、また元の状態になることが多い。

    その場合は他の部位へも目を向ける必要がある。

    先ほどのセミナーの内容では不十分な場合も少なくない。

    そのセミナー講師は、その時の自分のベストな知識、技術を教えていたと考えられ、セミナー自体には問題はない。

    ただ、首への外傷は身体全ての部位からの影響を考えなければならず、診るポイントが多くなり数回の施術が必要だ。

    筋や関節、膜組織、に加えて、内臓、血管や神経への施術が必要になるケースが少なくない。

    特に言えるのは、むち打ちへの「マッサージ」は禁忌である。

    マッサージは筋膜への炎症を引き起こす原因になることも考えられ、注意が必要である。

    むち打ちで整骨院や整形外科を受診して、マッサージをされたら、後で痛みが増す場合もあるということ。

    炎症を起こすと、血管や神経へ悪影響を及ぼす恐れあり。

    そういう場合は、上手な整体院を探すことが重要かも。(笑)

    しかし上手な整体院を探すことも難しいかもしれない。(笑)

     

    むち打ちでお困りの方、ぜひ当院を受診していただきたい。

    必ずご満足いただけると確信している。

     

    筺В娃沓押檻横僑后檻苅隠娃

    https://www.osaka-osteopathy.com/

     

    オステオパシーを学びたい方も連絡待ってます。

    info@osaka-osteopathy.com

     

     

     

     

     

    むちうち 頸痛 | permalink | - | - | -