大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 側弯症が改善しています。 | main | 脳神経セミナーに参加しました。 >>

脳性麻痺児や発達障害児への頭蓋施術、無料実施中

0

    大阪府堺市堺区の整体院のブログです。

    当院は関西で唯一、フランス政府公認のオステオパシー学校を卒業した

    セラピストが施術します。

     

    近頃、子供への無資格者の施術により、子供が障害をうけてしまう事例が

    報告されている。とても悲しい事件である。

     

    だれに子供の頭蓋施術を依頼すればいいのだろう。

     

    私は、理学療法士や作業療法士が適任だと考えている。

    理由は、養成校(学校)のカリキュラムに小児が含まれているからにほかならない。

    時間数も十分割かれている。正常発達や異常な側面も学ぶ。

     

    加えて頭蓋仙骨療法のセミナーに参加していることも重要だ。

    頭蓋仙骨療法は、とても軽いタッチが要求される。

    セミナーで先生に手から手へといった感じで教わらないと習得はむずかしい。

     

    選択基準

    1、整体院の先生が、理学療法士か作業療法士であること。

    2、整体院の先生が、頭蓋仙骨療法のセミナーに参加していること。(60時間以上)

    希望の整体院のホームページを見るか、電話で聞いてみればすぐにわかる。

    くれぐれも、無資格者の整体院は避けたほうが賢明である。

    資格を持っていれば、ホームページに普通は書く。

    書かないのは、持ってないからと考えていい。

     

    よくあるパターンの整体院の先生は、こんな感じ。

    「会社員をしてて、自分がケガや病気をして整体を受けたら、整体のすばらしさに惚れて

    自分はこれで生きていこうと決める。そしてその整体院の先生に弟子入り。

    5年間そこで修行して、開業しました。」

    こんな感じの整体院が意外に多い。(笑)

     

    こういうところは、避けたいところだ。

    なぜ?

    資格がない。学校に行ってない。(解剖学、生理学、病理学等を学んでない)

    セミナーに参加してない。(自己流になってしまう可能性)

    非常に危険である。リスク管理ができない。

     

    当院は、院長が理学療法士で

    フランスの学校で頭蓋仙骨療法を学んでいる。

    とても安心だ。

    しかも、今論文作成のため

    1日2名限定で、脳性麻痺児と発達障害児への頭蓋施術を無料で実施中である。

    安心して受けていただけると確信している。

    危険なことは一切ない。

     

    筺072−269-4103

    https://www.osaka-osteopathy.com/

     

    オステオパシーを学びたい方も連絡待ってます。

    info@osaka-osteopathy.com

     

     

     

     

     

    頭蓋療法 | permalink | - | - | -