大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 回数券を売る整体院ってどうよ | main | 脳性麻痺児や発達障害児への頭蓋施術、無料実施中 >>

側弯症が改善しています。

0

    大阪府堺市堺区の整体院のブログです。

    当院は、関西で唯一、フランス政府公認のオステオパシー学校を

    卒業したセラピストが施術します。

     

    最近、側弯症の子供さんを持つお母さんから

    側弯症が改善したという嬉しい報告がいくつか届いている。

     

     

    側弯症は、病院の先生から「100%治らない」と言われことが多い。

    「レントゲンで20度以上になれば装具をつけます。」

    「それでも悪化が進めば、手術も考えてください。」

    と言われたとお母さんと娘さんが来られる。

    ほとんどが女の子。当院に来院されるのは。

    なので私が学んだフランスでは、ホルモン系の異常が原因かもと

    いっている先生もいたほど。

     

    私の臨床経験では、ホルモン系の異常というより

    男女間での差は、筋肉量ではないかと考えている。

    筋肉量が極端に少ない子が側弯に多いような印象を持っている。

     

    そこで当院は当然、脊柱の矯正と筋肉へのアプローチを行っている。

    最近臨床で、良い結果が出ている。

    学校で側弯の要検査のプリントをもらってきた子供さんのお母さんへ。

    とりあえず、病院の整形外科に行ってレントゲンをとってもらう。

    そして今後の予定を聞いておく

    そのあと、当院に連絡してみて。

    2週間に1回を、とりあえず7回から8回をめどに通院することをお勧めする。

    どうせ、整形外科は20度以上にならないと何もすることがない。

    装具をしたところで、治るとは絶対に言わない。

     

    どちらにしても、手術になるなら、

    私に、3から4か月任せてみてはどうだろう。

    初診より悪化した子は2人いるが、その子たちは原因がはっきりしている。

    それ以外の子は、全員改善しているので

    安心して一度私に診せてはいかがだろうか。

     

    筺072-269-4103

    https://www.osaka-osteopathy.com/

     

    オステオパシーを学んでみたい人も待っている。

    info@osaka-osteopathy.com

     

     

     

    側弯症 | permalink | - | - | -