大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最近、当センターでみられる腰痛の原因について | main | オステオパシーの修士をフランス本校からいただきました。 >>

膝の痛みの専門家になろうかな?

0

    大阪府堺市堺区の整体院のブログです。

    当院はオステオパシーで地域の皆様の健康維持に貢献しています。

     

    長期にわたり、ブログを書かないで申し訳ない。

    色々忙しくて、、、。

    やっと1月になって暇になった。

    毎年当院は1月が暇なのだ。(笑)

     

    さて、今回は「膝の痛み}について。

    昨年論文を1本「膝」で書いた。

    それ以来、膝の評価と治療に関して、とても詳しくみることができるようになり

    日々の膝の診療が楽しくなった。

    理由は、その患者さんのその時の膝の状態がよくわかるようになったからだ。

    その膝の病変の原因がわかるので、施術も効果的になり

    皆さんに喜んでいただいている。

     

    以前なら、膝の痛みの原因は

    半月板や膝周囲の軟部組織が重要だと言っていた。

    そのことも大事なのだが

    そんなことよりも、

    その患者さんの歩行が改善するように施術しないといけない。

    歩行を改善させるには、

    足部、股関節、腰部、骨盤、脊柱は最低みないといけない。

    すべてみて、異常があり、その異常が膝に関係していれば

    そこを施術して歩行を改善させる。

    あと、炎症が存在する場合、その原因も考えること。

    ここ、とても重要!

    最近、膝の専門家になってもいいかなと考ないこともない。(笑)

     

    膝の痛みでお悩みの方、ぜひ私に診せてはいかがだろう?

    必ずご満足いただけると確信している。

    電話:072−269−4103

    https://www.osaka-osteopathy.com/

     

     

    またオステオパシーを学びたい方も、連絡お待ちしている。

    info@osaka-osteopathy.com

     

     

     

    膝の痛み | permalink | - | - | -