大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 変形性膝関節症が進行することを知ってましたか? | main | また顎関節症の改善率アップしました。 >>

手のシビレ楽になってます!

0

    大阪府堺市堺区の治療院のブログです。

    当院は関西で唯一、フランス政府公認のオステオパシー学校を卒業したセラピストが施術します。

     

    手のシビレ、以前のブログで頸に原因がないことを書いた。

    しかし、最近首に原因がある患者さんにあった。

    それは、どんな場合かというと

    頸に炎症があって、シビレが出現している場合である。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    原因は外傷。ケガが過去にある。

    これはあらかじめ問診で聞いておくことが大切だ。

     

    炎症の治癒に数か月かかることもある。

    この場合は炎症が沈静化しないと治らない。

     

    ある腰痛の患者さんから聞いた話。

    ある整骨院にいくと、炎症があるからと言われ

    腰に氷を当てられて、ベッドの上で

    ギッコンバッコン運動をさせられそうである。

    その患者さん、真面目な方で

    週に3回を2年間続けたらしい。

    結果全く変わらないと。(笑)

    笑ってはいけないけど、酷すぎる。

    真面目な患者さんを食い物にしている

    馬鹿な整骨院が、いっぱいあるので、皆さん気を付けて。(笑)

     

    外傷の場合で炎症が起こった時

    アイシング(氷で冷やす)の期間は

    当日から3日。長くても7日。

    それ以上は冷やさない。

    ただ、痛みに対してアイスマッサージというのがある。

    神経の興奮を抑えるのに効果がある。

    これは、その時だけの効果なので長続きしない。

    神経ブロックの軽いもの、と考えればよい。

    これを長く続けても、治らない。

    でも患者さんを長く引き留めておくのには効果があるかも。(笑)

     

    手のシビレで困っているかた

    是非一度当院を受診してみては?

    きっとご満足いただけると確信している。

     

    筺072:269-4103

    http://www.osaka-osteopathy.com/

    mail:info@osaka-osteopathy.com

     

    オステオパシーを学びたい方も連絡待ってます。

     

     

    手の指のシビレ | permalink | - | - | -