大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 顎関節の痛みが、1度の施術で楽になります | main | 手のシビレ楽になってます! >>

変形性膝関節症が進行することを知ってましたか?

0

    大阪府堺市堺区の治療院のブログです。

    当院はオステオパシーで地域の皆様の健康維持に貢献しています。

     

    今回は、変形性膝関節症の話。

    この「変形性膝関節症」以下、膝OAと略す。

     

    膝OAの患者数は日本国内で約800万人に及ぶと言われている。

    さらに症状を出していない、膝OA患者も入れると

    なんと2000万人になるとも。

     

    その国民病ともいえる膝OAが、実は進行性の疾患だということを

    知っている人は少ない

     

     

    その進行する原因は何かというと、一つは膝単独で機能障害が存在するケースは少ないからで

    腰や骨盤、脊柱などの機能障害が、膝の痛みの原因になっているケースが多いこと。

     

    もう一つは、歩行に問題があるケース。

    この場合は歩き方に問題があって、歩くと痛みがでる。

    だから、いくら治療しても、また痛くなる。

    治療後は痛みがないのに、また数日すると痛みが再発するのだ。

    この場合は、患者の歩行の矯正が必要。

    歩行を矯正しないと、どんどん、膝の変形は進行する。

     

    歩行の分析は、理学療法士の得意分野(学校で学ぶ)で

    整形外科の先生や、整骨・整体院の先生、鍼灸の先生では無理(学校で学ばない)である。

     

    理学療法士の先生で、脊柱の矯正、骨盤、腰部などの矯正ができて

    しかも膝の半月板の矯正もできる治療院を選ぶ必要がある。

     

    なんと、当院は

    理学療法士で、オステオパスの私が施術するので

    患者の皆さんのほぼ全員、膝の痛みが楽になっている。

    膝の痛みで、何回も当院に通っている患者さんは

    現在一人もいない。

     

    膝の痛みで困っている方

    ぜひ一度当院を受診してみてはどうだろう?

    きっとご満足いただけると確信している。

     

    膝OAのかたは、3回の通院を予定していただきたい。

     

    筺072-269-4103

    http://www.osaka-osteopathy.com/

    mail:info@osaka-osteopathy.com

     

    オステオパシーを学びたい方も連絡待ってます。

     

     

     

    膝の痛み | permalink | - | - | -