大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 膝の痛みは治ります。変形した膝も大丈夫。 | main | 腰痛の改善率またアップしました。 >>

五十肩の改善率またアップしました。

0

    大阪府堺市堺区の治療院のブログです。

    当院はオステオパシーで地域の皆様の健康維持に貢献しています。

     

    さて今回は五十肩の話。

    膝と腰は、私自身での研究が進んだので

    ほとんどの患者さんを楽にできるようになった。

     

    次に取り組んでるのが、「五十肩」

    前回ブログに書いたのが、たしか1月だったか。

    それ以来の登場になる。

     

    肩甲上腕関節

            写真の緑色が滑膜

     

    前回は、肩峰下の滑膜もあやしいが

    他の部位にも原因があると書いた気がする。

     

    もう少し詳しく言えば、炎症が起こっている肩の場合

    これは患者さん自身では分かり難い。

    自覚症状は、じっとしてても痛い。

    初期の炎症の特徴は、夜間に痛む。

    その炎症が起こっている原因は滑膜にあることが多い。

    この場合は滑膜への施術が必要。

    原因は、滑膜への刺激が多かったことが原因。

    ま、使い痛みというケース。

     

    この滑膜への施術を、私はえらく進歩させた。

    自分でいうのもなんだが、良く考えられていて

    臨床での効果が抜群に良い。(笑)

    アイロン体操は、もうしなくていい。(笑)

     

    五十肩で、夜間寝返りできなくて

    不眠の方、一日も早く私に診せてみて。

    必ずご満足いただけると確信している。

     

    筺072-269-4103

    http://www.osaka-osteopathy.com

    mail:info@osaka-osteopathy.com

     

    オステオパシーを学びたい方も

    連絡待ってます。

     

     

     

    五十肩 | permalink | - | - | -