大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 座骨神経痛で困っていませんか? | main | 頭痛で困っていませんか? >>

逆流性食道炎で困っていませんか?

0

    大阪府堺市の整体院のブログです。

    当センターは、オステオパシーで地域の皆様の健康維持に貢献しています。

     

    今回のお題は、逆流性食道炎。

     

    今まで多くの逆流性食道炎の患者さんを診てきた。

    症状は、胸やけ、咽喉がイガイガする、空咳、食欲不振、時に胸部痛もみられる。

    こういった症状を訴える方が多いが、症状は様々である。あと

    ほとんどの方が他の医療機関で診断を受けて当センターへ来られる。

    でも中には、単に胃の具合が悪いと言われてこられる方もいらっしゃる。

     

    評価は、食道と胃と横隔膜のチェックで行われる。

    決まった方法があるのでそれに従う。

     

     

    治療は、機能障害のある部位に当然施術することになるが

    私の経験では、横隔膜は適応病変であることが多いと感じている。

    要するに他が原因で横隔膜に機能障害をきたしているのだ。

     

    胃の周囲や、食道、神経、血管などへの施術と

    頭蓋への施術も忘れないことが重要になる。

     

    先日パイロットの方が当センターへ来られた。

    薬の服用ができないらしい。

    副作用が操縦中に出たら困るからだと言われていた。

     

    3から4回の施術で、ほぼ症状は軽減する。

    しかし、長期間(何年も)機能障害が存在すると

    また元の状態に身体が戻ろうとするみたいで

    繰り返すこともある。

    しかし、根本的な原因を除去すべく施術しているので

    安心して通院していただきたい。

     

    もし、胃の具合が悪く慢性的な方がいたら

    ぜひ当センターを受診してみて。

    きっとご満足いただけるものと確信している。

     

    筺072-269-4103

    http://osaka-psteopathy.com/

    逆流性食道炎・胃下垂 | permalink | - | - | -