大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 腰痛改善率96.7%!! | main | 腰痛のフランス人がやってきた! >>

野球肩、野球肘の評価と治療

0

    大阪府堺市堺区の整体院のブログです。

    当院は地域の皆様の健康維持に貢献しています。

     

    今回は、野球肩について。

    つい最近、某中学野球部のキャッチャーが来院。

    昨年の12月から肩が痛くなり2塁への送球が上手くできなくなった。

    監督から肩を治してきてほしいと言われ、近くの整骨院へ通ったが

    治らず、当院へ。

     

    結論をいうと、2回の施術で治った。

    2塁へ送球できるようになった。

     

     

    最初に言っておくと、野球肩は

    「マッサージをしても治らない」「電気治療もいらない」

    私が知っているトレナーは、必ずマッサージをして

    そのあと、筋力トレーニングをするけど

    それでは、治らない。

    私に言わせると、病変をなおさずに、上から筋肉で補強して

    自然と治るのを待っているようなもの。

    治ってないのに、トレーニングするから

    他の肘とかが痛くなってくる。肩甲骨とかも。

     

    私が卒業したフランスでは、プロスポーツチームには

    それぞれオステオパシーが選手の身体の面倒をみている。フランスではサッカー、

    自転車競技が人気だ。

     

    私は、トレーナーでないから、トレーニングプランは作れない。しかし

    痛みは除去する。それと病変があった部位はわかるから

    トレーナーに連絡して、あとはトレーナーに筋トレはお願いする。

     

    もっと早く選手を治したいと思っているトレーナーの方々、チーム関係者

    保護者の皆さん、

    一度私にその選手を診せてみてはどうだろう。

    なるべく早い方がいい。発症からの期間が短い方が復帰は早いから。

    その選手の将来にもかかわってくることだし。

     

    072−269−4103

    http://osaka-osteopathy.net/

     

     

     

     

    五十肩 | permalink | - | - | -