大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大阪堺の整体 膝痛・変形性膝関節症の評価と治療 | main | 重症の五十肩の女性 >>

内臓下垂にはこの体操で

0

    大阪府堺市堺区の整体、大阪オステオパシーセンターです。

    当センターは、オステオパシーで地域の方々の健康維持に貢献しています。

     

    今回は、内臓下垂や内臓の不調でお悩みの方に。

    内臓下垂は様々な身体症状の原因になるえることが知られている。

    たとえば、頻尿。

    内臓が下がって、膀胱を圧迫し

    尿意を催す。

    しかし、内臓が下がると必ず頻尿がおこるわけではない。

    内臓下垂による、身体症状の表れ方は人によってさまざま。

    内臓下垂かどうかの検査だが、一般の方には難しいので

    下腹部がぽっこりしているなと感じたら、やってみる価値あり。

     

     

    自分が内臓下垂かどうかのチェックを含め

    施術希望の方は下記へ

    http://osaka-osteopathy.net/

    tel:072-269-4103

    お気軽に!

     

     

    逆流性食道炎・胃下垂 | permalink | - | - | -