大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 足底が痛く歩行困難で来院されたリウマチ患者さん | main | 大阪堺の整体 膝痛・変形性膝関節症の評価と治療 >>

変形性膝関節症の患者さん

0

    大阪府堺市堺区の大阪オステオパシーセンターです。

    当センターは、オステオパシー施術で地域の皆様の健康維持に貢献しています。

     

    今回は、変形性膝関節症のお話し。

     

    病院勤務時代から約30年、たくさんの膝痛の方に施術したきた。

    なかでも変形性膝関節症は

    年間100人として、30年だから3000人以上は診ていると思う。

     

    ここ数か月、変形性膝関節症の患者さんから「膝が痛くなくなった」

    「サポーターがいらなくなった」との感謝の声をいただくことが

    多くなった。この写真の方もそうである。

     

    ずっと昔から、整形外科やリハビリの世界では膝の治療については

    膝関節周囲の筋力トレーニングが主流だ。

    あと、関節注射、ヒアルロン酸とかいろいろ。

     

    私が若い頃、病院勤務時代から患者さんの膝をみて疑問だったことがある。

    痛みを訴える患者さんの膝は、ほぼ全員関節が腫れているのだ。

    炎症があるのに、筋トレはないんじゃないかな?

    と思っていた。注射は別にして。

     

    まだ発表できる段階ではないものの

    臨床で試行錯誤を重ねて、ある程度自分なりに

    納得できる理論にたどり着き、患者さんに喜んでいただいている。

     

    変形性膝関節症で、痛くて10分位しか歩けない方

    ぜひ、私にその膝診せてみては?

    必ずご満足いただけると確信している。

     

    ただいま、期間限定で初回施術8000円のところ

    一日2名様のみ2000円で!!

     

    072−269−4103

     

     

     

    膝の痛み | permalink | - | - | -