大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 五十肩について | main | A.T.STILL ACADEMYの先生達 >>

A.T.STILL ACADEMYの先生達

0
    大阪府堺市堺区の整骨院のブログです。
    当院はオステオパシー施術を行っています。

    今回ご紹介する先生は、下肢ストラクチャー担当のテグノ先生



    もともとPTとして、臨床を経てからオステオパスになった先生で
    とてもやさしい先生。
    理論的に教えていただけるので、とても理解しやすく
    テクニックもすこぶる早い。
    それから
    バラル先生を尊敬しておられるようで
    すぐにバラル先生の話になる。
    「バラル先生はこう話していた。」「バラル先生は最近こんなことをしている。」
    といった感じ。
    私も、バラル先生はすごいと思っていて、少しでも近づきたいと思っている先生の一人だ。

    それからテグノ先生は
    質問が多いと、少し嫌な顔をする(*^_^*)
    まあ、講義内容が多いから、早く進めていかなくては
    といった感じでかな。良く、「日本人は質問が多い」と嘆いている。

    質問の多いのは嫌いだが、とてもできる先生の一人だ。
    施術が、とにかくキレる。パシッと決める。
    この先生のおかげで、私も足部の矯正ができるようになった。

    オステオパスは下肢の矯正ができないと
    話にならない。
    下肢の矯正をしないで、姿勢の矯正は不可能なのだから。

    膝の痛みで、悩んでいる方、足首が痛い、股関節が痛くて歩けない方
    一日も早く痛みと「さよなら」したい方
    ぜひ当院へいらしてください。
    必ず、痛みが楽になると思います。

    ではまたお会いしましょう。(^^)/



     
    オステオパシー・セミナー | permalink | - | - | -