大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

交通事故の後遺症「むち打ち」は必ず治ります。

0

    大阪府堺市堺区の整体院のブログです。

    当院はフランス政府公認のオステオパシー学校を卒業した

    セラピストが施術します。

     

    今回はむち打ちの話。

    私がオステオパシーの勉強を始めた10年前ころに、ある協会が主催した、「むち打ちセミナー」に参加したことがある。

    内容は、あまり覚えてないのだが、頭蓋、仙骨、腸間膜、縦郭等への施術で効果があるといった内容だったと思う。

    「むち打ち」の原因は、もちろん交通事故なので、側方や後方、または前方からの衝撃が首に伝わり、受傷することによる。

    原因が明確なので、原因を特定し易いはずだが、なかなか治癒に至らないのが特徴である。

     

     

    首への外傷は、原因が多くて原因を特定することが困難な場合が多い。

    特に「むち打ち」は頭蓋、脊柱、仙骨を施術しても、また元の状態になることが多い。

    その場合は他の部位へも目を向ける必要がある。

    先ほどのセミナーの内容では不十分な場合も少なくない。

    そのセミナー講師は、その時の自分のベストな知識、技術を教えていたと考えられ、セミナー自体には問題はない。

    ただ、首への外傷は身体全ての部位からの影響を考えなければならず、診るポイントが多くなり数回の施術が必要だ。

    筋や関節、膜組織、に加えて、内臓、血管や神経への施術が必要になるケースが少なくない。

    特に言えるのは、むち打ちへの「マッサージ」は禁忌である。

    マッサージは筋膜への炎症を引き起こす原因になることも考えられ、注意が必要である。

    むち打ちで整骨院や整形外科を受診して、マッサージをされたら、後で痛みが増す場合もあるということ。

    炎症を起こすと、血管や神経へ悪影響を及ぼす恐れあり。

    そういう場合は、上手な整体院を探すことが重要かも。(笑)

    しかし上手な整体院を探すことも難しいかもしれない。(笑)

     

    むち打ちでお困りの方、ぜひ当院を受診していただきたい。

    必ずご満足いただけると確信している。

     

    筺В娃沓押檻横僑后檻苅隠娃

    https://www.osaka-osteopathy.com/

     

    オステオパシーを学びたい方も連絡待ってます。

    info@osaka-osteopathy.com

     

     

     

     

     

    むちうち 頸痛 | permalink | - | - | -

    何年も続く、つらい頸の痛み治ります!

    0

      大阪府堺市堺区の治療院のブログです。

      当院はオステオパシーで地域の皆様の健康維持に貢献しています。

       

      腰痛や膝の痛みは、1回の施術で楽にできるようになった。

      次は首の痛みを1回でとれるように現在研究中である。

       

       

      でもこうしてブログに書くぐらいだから、なんとかなりそうなのだ。

      以前肩こりは、筋膜リリースで効果があると書いた。

      頸は筋膜リリースだけでは不十分で

      もう一つ、二つ原因となる因子を考える必要がある。

       

      あと数週間もすると、また皆さんに報告できそうだ。

      頸の痛みも1回で楽になるようにしたいと思っている。

       

      頸の痛みでお悩みの方、ぜひ私に診せてはいかが?

      必ずご満足していただけると確信している。

       

      オステオパシーを学びたい方も連絡待ってます。

       

      筺072-269-4103

      http://www.osaka-osteopathy.com/

      mail:info@osaka-osteopathy.com

       

      むちうち 頸痛 | permalink | - | - | -

      頸の痛みの治療について

      0
        大阪府堺市堺区の整骨院のブログです。
        当院はオステオパシーを治療に取り入れています。

        今回は、頸の痛みの話。




        ここ数週間の間、施術の際に頸椎を、今までより詳しく診ている。

        通常、頸に関しても他の胸椎や腰椎と同じく
        側屈や回旋、屈曲・伸展を評価して施術する。
        筋エネルギー、カウンターストレイン、ファンクショナル、
        ストラクチャーなどを駆使して施術するのだが

        それでも病変がうまく矯正できないケースが少なくない。

        そんな時、以前はそのうち自然治癒で治るだろう
        ほとんど代償(主な病変部位ではないということ)病変だし。といった具合に処理していた。
        (後頭環椎関節は除く)

        代償病変の場合、通常頸の施術には時間をかけない。
        理由は、頸椎への施術が自律神経系や循環系に影響を及ぼしてしまうことあるからで、
        頸椎への施術が新たに病変を作ってしまう場合も
        可能性として存在するからだ。
        他の治療院で施術してもらってから、痛くなっという話は
        頻回に患者さんから聞かされる。

        頸椎の一つ一つをより詳しく触診して
        あらゆる方向を考えて施術することにした結果
        全体の可動性を正常化させることに成功している。


        すると患者さんから、「頸が嘘のように楽になった」
        「頸が回るようになった」「あれから調子が良い」

        といった具合に、すこぶる評判が良い。

        このことから考えると、今までの施術では矯正できていない病変が
        存在していたことが考えられる。
        Academyで教わったことだけでは治せない病変が存在し
        それに対しては自分で考えて、工夫して施術する必要が臨床では生まれてくることを実感した。
        でも自分で考え施術するように指導するのも教育なんだよね。(#^.^#)

        ではまたお会いしましょう。(^^)/






         
        むちうち 頸痛 | permalink | - | - | -

        むち打ちの理学療法じゃなく、オステオパシーって

        0
           大阪府堺市堺区の治療院のブログです。
          当院はオステオパシーを治療に取り入れています。

          さて、今回はむち打ちの治療について。

          理学療法では、
          まず評価をする。
          頸椎の可動域測定、痛みの評価、筋の緊張状態等を
          診る。

          治療は、主に筋のリラクゼーションと可動域改善に時間をかける。
          やっぱりマッサージは良く選択する手技。
          頸部や肩甲骨周囲の筋の緊張を緩めるために行われることが多い。

          これで良くなる場合もあるだろう。
          でもよくならない場合もある。この治療では、良くならない場合のほうが多いかもね。
          でも自然治癒が働くので、理学療法で
          病変を悪化さえさせなかったら
          改善していくことになる。

          オステオパシーで考える正解はというと
          全身をみて病変を探し、施術するので
          施術箇所は限定しない。

          あ、そうそう。
          急性期は局所に炎症があるので
          この時に局所を長時間触ると
          増悪する可能性があるので
          慎重に施術してね。

          むち打ちで悩んでいる方へ
          事故にあって
          3週間は頸部をあまり動かさないほうがいいかもね。
          そして、そこを長時間治療する治療院に通院するのは
          ちょっと考えたほうがいいと思う。(^_^;)

          ではまたお会いしましょう。(^^)/
          むちうち 頸痛 | permalink | - | - | -

          首痛のはなし

          0

            大阪府堺市堺区の治療院のブログです
            当院はオステオパシーを治療に取り入れています。

            今回は、頸部痛を訴える患者さんの話。
            後頭骨と頸椎の間を詳しく診るようになって1週間。
            なんと後頭骨と頸椎の間に病変が多いことか・・・・。

            ここを治療しない日がないくらい多い。
            頭痛や眼の症状を訴えている場合もある。
            そこでここを治療してあげると、患者さんもすっきりしたと喜ぶ。

            でも実は・・・・・
            これだけで治るほど実際は甘くない。
            というのを後日知ることになる。(^_^.)

            でもここからが、施術者にとって真価を問われることになる。
            学んだ技術だけで、すべての患者さんが治ることはないだろう。

            この後の勉強がその人の治癒率を左右することになるんだと思う。

            さあ、がんばりますか(^_^)v

            日本のオステオパシーの発展ために。
            苦しんでいる患者さんために。

            ではまたお会いしましょう(^^)/

            むちうち 頸痛 | permalink | - | - | -

            腰痛・頸の痛みの治療

            0
               大阪府堺市堺区整骨院のブログです。
              当院はオステオパシーを治療に取り入れています。

              昨年の12月に学んだ、functional テクニックを臨床で使っています。
              講義中にカトラン先生がこう言っていました。
              「ソフトなオステオパシーをします。なんておかしい。」
              どの治療を選択するかは、術者が決めるのではなく
              患者の病態に応じて選択されるもので
              術者の好みで決められるものではないとのことです。

              よく広告で診ますよね?
              「当院はソフトな施術で、安心です。」
              なんてのが。これでは治りません。

              「ボキ、ボキ」っていう治療が必要な場合は、当然ボキボキします。
              必要でない場合は、ソフトな治療をします。
              これはすべて、患者さんを評価して決定されます。
              施術者の好みで治療内容を決めている治療院はやめたほうがいいですよ〜。(^O^)


              話をもどします。
              それで、functionalテクニックなんですが、これがすごいんです。
              何がすごいって、今まで私が手を焼いていた
              腰痛を訴える患者さんのなかで、「評価してみて、そんなに腰椎が悪くない」
              という患者さん。でも腰痛は存在する。
              こんな患者さんに非常に有効なんです。
              あと頸の痛悩んでいる方にもいいんです。

              治療後、皆さんこういいます
              「うそ!痛くない!」「え〜?」
              施術自体が、ほとんど患者さんにわからないぐらいのタッチ
              なので驚かれます。

              カイロプラクティックや整体でボキボキ治療してもらっていて
              でもなかなか治らない方は、一度来院されることを
              お勧めします。(^^)v

              1月18日(金)から1月21日(月)まで、academyでの講義に参加するため診療を休ませていただきます。すみません。

              ではまたお会いしましょう。(^_^)/

              むちうち 頸痛 | permalink | - | - | -

              交通事故むちうちについて 2回目

              0
                 大阪府堺市堺区整骨院のブログです。
                当院はオステオパシーを治療に取り入れています。

                さて、今回は・・・。
                最近交通事故むちうちの患者さんが良く、いらっしゃいます。
                皆さん、とても辛そうで、吐き気や頭痛、気分不良を訴えますね。
                おおよそ
                脊柱、肋骨、背部の筋、腱膜、頭蓋骨などを診ていきます。



                          頸部の筋膜

                臨床で気づいたんですが
                やっぱり、頸椎、胸椎が大事なんです・・・ね
                でも、そこの治療の方法にひと工夫必要なんですよ(^O^)

                大きな声ではいえませんが・・・・・・。
                遠隔操作が必要です。
                局所治療も必要ですけどね・・・・。

                患者さんは、3週間は無理しないこと。
                局所の運動は痛みがでない程度に止めてください。

                治療院選びは、治療効果で判断すればOK。
                いくらでも変えていいんです。
                効かなかったら、違う治療院へいきましょう(*^_^*)

                ではでは、またお会いしましょう。(^_^)/



                むちうち 頸痛 | permalink | - | - | -

                頸痛・肩こりについて

                0
                   大阪府堺市堺区整骨院のブログです。
                  当院では、オアステオパシーを治療に取り入れています。

                  やっと、大阪でも桜の開花宣言でました〜(^_^)/

                  寒さともお別れですよ〜(^O^)

                  ってなことで、今回は最近経験した、頸のだるさ・肩こりを訴えたケースです。
                  初診時、ヘルニアかもということで頸椎の下の方の間が狭いらしいとのこと。

                  検査しましたが、頸椎には異常は感じたものの、病変とは認識しませんでした。

                  頸よりも、胸椎と内臓に病変がありましたので、そこを重点的に治療してきました。
                  術者(自分)としては、次第に良くなっている、手ごたえがあったのですが・・・・
                  しかし、患者さんは「少し良くなっているが、まだまだですね」みたいな感じ。

                  う〜ん。(-_-;)
                  どこかに、一時病変があるのか?自分の技術では無理なのか?
                  色々考えました(~_~;)

                  考えた結果、再検査をすることに

                  すると、なんと頸椎の6番に立派な病変がありました。
                  初診時の検査では、あまりわからなかったのです・・。
                  他の部位(胸椎・内臓)の影響で、組織が緊張して検査結果がうまく出なかったのでしょう。

                  胸椎や、内臓の治療により病変部の組織の柔軟性が、改善され
                  頸椎の病変がはっきりしたのですね。

                  そこで、頸椎の施術にとりかかりました。
                  非常に硬く、難儀しましたが少し改善させることができましたよ。
                  すると、肩のコリが、非常に柔らかくなっていて
                  術者も患者さんも
                  治療効果にビックリするぐらいでした。(^_^.)

                  まあ、完全に取れてはいないので
                  まだ治療の必要性がありますけど・・・・。

                  喜んでもらえてよかったですね。
                  これからもがんばります。

                  ではまた。お会いしましょう(^^)v
                  むちうち 頸痛 | permalink | - | - | -

                  交通事故むちうちについて

                  0
                     大阪府堺市堺区の整骨院のブログです。
                    当院は、オステオパシーを治療に取り入れています。

                    さて、今回は交通事故後遺症むちうちについてです。
                    交通事故にあうと、頸がストレートネックになるといわれています。
                    レントゲン検査の結果、よくみられます。
                    通常、頸椎は前方にカーブしています。
                    これを前弯といいます。
                    このカーブが減少してしまうのですね(~_~;)

                    カーブが減少すると・・・・。
                    椎間関節に負荷がかかり、、自律神経が緊張し始めます。
                    それによって、様々な症状が出現するのです。

                    だから、むちうちの治療は、頸椎のカーブを改善させることがなによりも大切です。


                    そのためには、まっすぐになっている頸を
                    カーブさせなくてはなりません。(^O^)

                    でも、頸をボキボキだけしても治りません。(^_^;)
                    当然、私もストラクチャーテクニックもします。

                    しかし、それだけでは治りません。
                    外傷の場合、ボキボキが適応しないこともあります。

                    また、原因が頸の他にある場合も少なくありません。
                    というか、ほとんどかな?

                    胸椎や腱膜なんかも評価・治療する必要があります。
                    仙骨や、尾骨もね(^_^.)

                    皆さん、やたら頸をボキボキしている治療院は
                    要注意ですよ。(^O^)

                    色々なことをしてくれる所を
                    見つけてください。

                    ちなみに、当院は自分でいうのもなんですが
                    世界から常に学んで、いいものを
                    患者さんに提供しています。

                    他の整骨院に行って、
                    なかなか治らない方は
                    是非、一度私に診せてください。

                    では、またお会いしましょう。(^_^)/
                    むちうち 頸痛 | permalink | - | - | -

                    頸痛の患者さん

                    0
                       大阪府堺市堺区整骨院のブログです。
                      当院はオステオパシーを治療に取り入れています。

                      久しぶりに書きます。すみません。
                      大学に行ったり、仕事が忙しく・・・(^_^;)

                      そんなわけで、今回は、
                      昨日の話。
                      最終19時30分に、女性の患者さんが来られて、頸が痛く
                      上を向けないとのこと。下は向けるけど
                      上は全くむけないとのこと。

                      診てみると、ほんとに頸部が後屈できない状態でした。
                      前屈、回旋や側屈は問題ありません。
                      で頸椎、胸椎をみてみました。第七頸椎を触ると
                      「痛い痛い」とおっしゃいます。
                      周りの筋肉は防御収縮か、過緊張でした。

                      治療してみたら、可動性がほとんどなく、動くようにしたかったのですが
                      痛みが強く、どうしようか・・・。
                      あさってから旅行にいくので、治してほしいと。
                      (もっと早くきてほしいいわ・・ほんまに・・・)自分の本心(~_~;)

                      胸椎頸椎の治療。
                      治療の途中に、本人。
                      「痛み止めも飲んでるねん。効かない。数週間このままやねん。」

                      ちょっと重症。炎症があるようなので
                      局所は軽く治療することに。
                      「明日また来ます」と。言ってくれました。(^O^)

                      翌日、診てみると、頸が完全に後屈できていました。
                      患者さんが「楽になりました」と
                      ほんとに、よかったです。(^_^.)

                      皆さん、またお会いしましょう。







                      むちうち 頸痛 | permalink | - | - | -