大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

子宮筋腫摘出術後の患者さんの話

0
     大阪府堺市堺区の治療院のブログです。
    当院は、オステオパシーを治療に取り入れています。

    今回は、子宮筋腫摘出術後の患者さんの話です。
    ある病院で、摘出手術を終えた患者さんで
    通常1週間か10日で創部が安定するところが
    この方は、創部が化膿して縫合不全のまま
    入院が長くなったとのことで、退院させられたらしい。
    (病院側の適切な説明はあったのだろうが、少なくとも本人・家族はそう思っている)

    退院後1か月経過しても、創部から膿が出てくるので
    毎日、自分で膿を絞り出し、消毒しているそうなのだ。

    その方の腹部をみてみると
    非常に硬い。手術創周囲のみでなく。腹部全体が硬い。
    足部も触診すると皮膚温が冷たく感じる。
    血液循環が悪くなっているようなのだ。
    そこで腸間膜、腸間膜根などに施術することにした。

    すると、施術は順調にすすみ
    その方は、施術3回目で、創部から膿が出なくなったそうだ。
    このような症例は、当院だけではなく

    アメリカでは、オステオパシー医が腹部手術後に
    オステオパシー施術をして、
    術後イレウスの発生件数が
    著明に減少した
    ことを報告している。

    皆さんの周囲に、手術後の経過の悪い方が
    おられたら一度相談してみてください。

    ではまたお会いしましょう。(^^)/


    内臓治療 | permalink | - | - | -

    内臓セミナー参加しました。

    0
       大阪府堺市堺区の鍼灸整骨院のブログです。
      当院はオステオパシーを治療に取り入れています。
      10月24日(日)東京飯田橋の日本オステオパシーメディスン協会
      主催の「内臓マニュピレーションセミナー」にいってきました。

      今回のテーマは胃と十二指腸です。
      以前学んでいるところですが、復習という意味合いで参加しました。
      講師の杉山先生の説明はゆっくりで、わかりやすかったです。
      僕の臨床経験では、十二指腸に問題のあるかたが
      多かったので、興味深く聞くことができました。
      十二指腸を細かく治療することを
      学べて非常に良かったです。
      治療風景
      日頃の臨床に生かしていきたいです。
      内臓治療 | permalink | - | - | -