大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

訪問マッサージ(リハビリ)について

0
     大阪府堺市堺区整骨院のブログです。
    当院はオステオパシーを治療に取り入れています。

    今回は、訪問マッサージ(リハビリ)についてです。
    私は、理学療法士であってマッサージ師でもあるんですよ。
    両方の免許を持っているってこと。(^_^.)
    在宅を始めて、20年ぐらいになります。

    さて
    訪問マッサージは、関節拘縮(硬く動きが悪い)や麻痺がある方に対して
    適応されます。そういった方に徒手で治療して症状の改善を図るのです。

    主治医や患者さんから、よく聞く話が
    「マッサージばかりして、全然良くならない」
    「だんだん悪くなってきた」
    「トイレに行けなくなってきた」とか
    そうなって私のところに、依頼がきます。

    患者さんは、みなさん障害をお持ちで、その障害を改善させたいから
    訪問マッサージに頼みます。
    でも基本、訪問マッサージの施術は、揉むだけですから・・・・。
    しかも経験の浅いマッサージ師かもしれません。
    片麻痺やパーキンソン症候群とか、全く知らないで訪問に出ていることも
    めずらしいことではありません。
    原因の、筋、腱を評価できてこそ治療ができるんですよ(-_-;)
    やみくもに揉んでも、よくなりません。

    こんな状況を、少しでも改善しようと
    患者さんによりよい医療をお届けしようと
    微力ながら、訪問マッサージでがんばります。
    訪問マッサージの質の改善を願って。

    もし、身近に病院を退院してきて寝たきりになりそうな方
    病院ではリハビリしていて、退院してからリハビリが訪問に来ていない方
    最近弱ってきて歩けなくなった方
    などが
    おられたら、ぜひお知らせください。
    その他、なんなりとご相談くださいませ。

    では、またお会いしましょう。(^^)v

    訪問リハビリ(マッサージ) | permalink | - | - | -