大阪オステオパシーセンター

理学療法士が、オステオパシーを学んで開業して、腰痛、五十肩、むちうち、膝痛、花粉症治療などで気づいたことを紹介しています。オステオパシーセミナーで学んだことも。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

脳神経セミナーに参加しました。

0

    大阪府堺市堺区の整体院のブログです。

    当院は関西で唯一、フランス政府公認のオステオパシー学校を卒業した

    セラピストが施術します。

     

    先月の5月3日から6日の4日間、東京でオステオパシーのセミナーがあり

    参加してきた。

    講師は、世界的にも著名なジャン・ピエール・バラルである。

    内容は「脳神経と脳血管マニュピレーション」

     

     

    嗅神経、視神経、動眼神経、滑車神経、外転神経に始まり、迷走神経など

    重要な脳神経についてテストと施術を教えていただいた。

    とてもすばらしい内容で、先生が臨床で使って効果のあるものを選んで教授しているらしい。

    早速大阪に帰ってきて、臨床で頻繁に使っている。

    とても臨床成績がよく、患者さんから好評をいただいている。

    顔面神経の問題や、三叉神経痛、頭痛、顎関節症、目の奥の痛みなど

    顔面や頭部に問題がある方に、とても喜んでいただけると思う。

    顔面や頭部の問題でお悩みの方、どこにいっても治らない方、ぜひ一度私に診せてはいかがだろう。

    きっとご満足いただけると確信している。

     

    筺В娃沓押檻横僑后檻苅隠娃

    https://www.osaka-osteopathy.com/

     

    オステオパシーを学びたい方も連絡まってます。

    info@osaka-osteopathy.com

     

     

     

     

     

    オステオパシー・セミナー | permalink | - | - | -

    オステオパシーの修士をフランス本校からいただきました。

    0

      大阪府堺市堺区の整体院のブログです。

      関西で唯一、フランス政府公認のオステオパシー学校を卒業した

      セラピストが施術。地域の皆様の健康維持に貢献しています。

       

      先日、3月4日フランス本校から、先生が3人来日され

      東京で論文の発表会が行われた。

      私の論文のテーマは、

      「変形性膝関節症に対するオステオパシー施術効果について」

      であった。

      3人の先生方から、様々なご意見をいただき、今後の私の臨床に生かしていきたいと考えている。

       

       

      現在、日本でオステオパシーの修士を持っているのは

      10数人しかいない。

      そのなかに私が入ったことが、何か感慨深い。

      オステオパシーを10年余、勉強してきて本当に良かったと喜んでいる。

       

      身体のどこかが、痛いとか、つらい貴方!

      私に貴方の身体を診せてはいかがだろう?

      きっとご満足いただけると確信している。

       

      電話:072−269−4103

       

      オステオパシーを学びたい方も連絡してみて。

      info@osaka-osteopathy.com

       

      連絡お待ちしています。

       

       

       

      オステオパシー・セミナー | permalink | - | - | -

      A.T.STILL ACADEMYの先生達

      0
        大阪府堺市堺区の整骨院のブログです。
        当院はオステオパシー施術の治療院です。

        長らくお待たせしました。
        待ってない方もおられるかとは思うのだが
        とりあえず、お久しぶり。(*^_^*)


        色々ありまして、ブログを更新するのを忘れていた。
        今日、朝一の患者さんが「ブログ読ませてもらってます。」と。
        どきっ!

        やばい! 最近書いてないや。(+_+)
        てなことで・・・・
        今回も先生シリーズ。
        パート后

        内臓担当のアラコック先生を紹介しよう。



            アラコック先生と

        上の写真は、フランス本校での臨床試験直後に一緒に撮ってもらったもの。
        この先生も試験官のなかの一人で、試験直後に結果を知らせてくれた。
        もちろん合格。まあ緊張したのは言うまでのない。
        試験では
        地元のフランス人男性が目の前にいて、年は70才だったかな
        「腰が痛い」と言っている。
        この患者さんが、臨床試験の患者さんで、この人に
        問診、検査、施術をしているところを試験官がみていて採点される。

        私は、ちゃんと腰痛治したよ。当たり前。
        患者さん本人もびっくりしてた様子。へへへ。(*^_^*)

        試験の話はこのへんにして

        この先生の話。アラコック先生は
        とにかく講義がわかりやすい。丁寧に教えてくれる。
        教えることへの熱意がすごい。
        いい先生だ。内臓は数人の先生に習ったが
        全てこの先生に教えてほしいくらいだ。
        いや、他の先生がダメとはいってない。
        この先生の教え方が私に合ってる感じ。(^^♪
        医師になろうと思ったがオステオパスになった人なんだ。
        やっぱ頭いいんだろうね。

        さて、私の近況もついでにお伝えしておこう。
        近頃は、むちうち症の治療方法を自分なりに開発中で
        すこぶる成績がよい。
        もちろん頭蓋ー仙骨系の施術も使う。

        しつこい腰痛や、頭痛肩凝りも
        この頭蓋ー仙骨系が効果を出している。

        また近いうちに報告するつもりっでいるので
        待っててね。(^^)

        ではまたお会いしましょう。(^^)/






         
        オステオパシー・セミナー | permalink | - | - | -

        A.T.STILL ACADEMYの先生達

        0
          大阪府堺市堺区の整骨院のブログです。
          当院はオステオパシー施術を行っています。

          今回ご紹介する先生は、下肢ストラクチャー担当のテグノ先生



          もともとPTとして、臨床を経てからオステオパスになった先生で
          とてもやさしい先生。
          理論的に教えていただけるので、とても理解しやすく
          テクニックもすこぶる早い。
          それから
          バラル先生を尊敬しておられるようで
          すぐにバラル先生の話になる。
          「バラル先生はこう話していた。」「バラル先生は最近こんなことをしている。」
          といった感じ。
          私も、バラル先生はすごいと思っていて、少しでも近づきたいと思っている先生の一人だ。

          それからテグノ先生は
          質問が多いと、少し嫌な顔をする(*^_^*)
          まあ、講義内容が多いから、早く進めていかなくては
          といった感じでかな。良く、「日本人は質問が多い」と嘆いている。

          質問の多いのは嫌いだが、とてもできる先生の一人だ。
          施術が、とにかくキレる。パシッと決める。
          この先生のおかげで、私も足部の矯正ができるようになった。

          オステオパスは下肢の矯正ができないと
          話にならない。
          下肢の矯正をしないで、姿勢の矯正は不可能なのだから。

          膝の痛みで、悩んでいる方、足首が痛い、股関節が痛くて歩けない方
          一日も早く痛みと「さよなら」したい方
          ぜひ当院へいらしてください。
          必ず、痛みが楽になると思います。

          ではまたお会いしましょう。(^^)/



           
          オステオパシー・セミナー | permalink | - | - | -

          A,T.STILL ACADEMYの先生たち 

          0
            大阪府堺市堺区の整骨院のブログです。
            当院は、オステオパシー施術の専門院です。

            皆様あけましておめでとうございます。
            今年もよろしくおねがいします。

            さて今回は、頭蓋担当のAlain Lignon先生をご紹介しよう。



                   リニオン先生と

            フランスで本を何冊も出していて、ヨーロッパでは有名らしい。
            この先生は、何も見ないですべての頭蓋骨をフリーハンドで書ける。
            矢状面、前額面、水平面で。
            当然、神経や血管の位置もスラスラ。
            まあ、自分の本を出すぐらいだから、当然といえば当然なのだが。
            それにしても、知識量が半端でない。
            それに話し出すととまらない。
            このことは、他の先生にも言えることなのだが。
            常に生徒は質問したくて、話が途切れるのをじっと待つ。
            少し、先生の話の間が空いたのでH君が質問する。
            すると、先生は間髪いれず右手でピストルを作ってH君を「バーン」
            と撃ってしまうのだ。
            すると、H君は「うっ」と言ってうつ伏せに・・・。
            こんな感じで授業は進む。(^_^.)
            この先生の授業は楽しいけど、進行がはやく、ついていくのが
            精一杯なのだ。だれか止めてくれ〜。
            そんな時いつも止めるのが、先ほど紹介したH君で
            H君は4日間、ピストルで撃たれっぱなしになる。
            H君、アディオス アミーゴ!そしてありがとう!


            ところで、前回自分なりの坐骨神経痛の施術を開発したことを話した。
            それに付随して、腰痛の施術も開発していて
            臨床成績が、以前より格段にアップしている。
            腰痛で悩んでいる方、どこにいっても治らない方
            ぜひ一度足を運んでくださいませ。
            きっとご満足いただけると確信している。

            ではまたお会いしましょう(^^)/






             
            オステオパシー・セミナー | permalink | - | - | -

            A.T.STILL ACADEMYの先生たち 

            0
              大阪府堺市堺区の整骨院のブログです。
              当院はオステオパシーを施術に用いています。

              まずは、ごめんなさい。
              多くの方から、「ブログ更新してないね〜。」
              と、お叱り、激励、いただき・・・・・
              がんばって書くことにしようかな。(^_^;)

              今回は、先生方の紹介パート兇箸靴
              前回紹介したポポフ先生の奥さんで
              内臓担当のカレン先生の紹介。



              ちょっとこの画像のカレン先生は、もう一つかも・・・
              とにかくめっちゃ綺麗な方で、私はこの先生の授業に出るのを
              毎回楽しみにしていた。
              たまに胸の谷間が少し見えるシャツを
              着てくることがあって、実技の時間は
              施術テクニックのノート作成しないといけないけど、違うところへ注意を向ける必要もあり
              大忙しの授業になる。m(__)m

              まあ、そんな話はこのへんにして
              最近自分なりの施術を開発中で
              坐骨神経痛の施術方法を自分で開発し
              臨床で使っている。
              神経痛の患者さんに全員使っているが
              成績は良好でほぼ全員の方に
              痛みの軽減や消失をみている。

              近いうちに皆さんに報告できると思うので
              少々お待ちを。
              あ、ヘルニアの施術を含めてるのは
              いうまでもないよ。だって
              原因にヘルニアや脊柱管狭窄症が多いからね。

              では、またお会いしましょう。(^^)/




               
              オステオパシー・セミナー | permalink | - | - | -

              A.T.STILL ACADEMYの先生たち

              0
                大阪府堺市堺区の整骨院のブログです。
                当院はオステオパシー施術をしています。

                今回から、ACADEMYの先生数人をご紹介することにしよう。
                全ての先生方の紹介は無理なので
                ごく一部の先生についてのみで許していただきたい。

                第一回目に紹介するのは
                POPOFF先生。
                担当は、頸椎、胸椎、腰椎。
                一見、怖そうなのだが、仲良くなると
                すぐに冗談ばかり言って周りを笑わせる。



                講義は、非常に論理的で
                解りやすく、納得できるもので
                臨床で使いやすい。

                臨床では、難しい理論は使えない。
                難しい理論の場合、理解できないので
                つい丸暗記してしまうでだが
                これがいけない。患者の訴える症状は
                千差万別で、その都度施術方法を
                考える必要性に迫られる。

                であるから、はっきり言って考えられない人は
                オステオパシーには向いていない。

                丸暗記とルーチン業務で施術したい人は
                臨床において施術効果を上げるのはむずかしい。

                悪いことは言わないから
                オステオパシーの勉強に使う時間とお金が無駄になる。
                別の道に行った方が良い。
                クラスでも授業内容を丸暗記する人がいるけど
                科目別試験は点数がとれても、臨床試験は点数が低い。

                POPOFF先生の授業は、この点わかりやすさに重点をおいているので
                私はとても気に入っている。
                実は、POPOFF先生の授業でテーブルトレーナーをさせていただいている。
                生徒さんに教えながら、自分も勉強になるので進んで参加することにしている。
                私は骨盤と、脊柱のテーブルトレーナーを担当していて
                指導方法なんかも吸収するよう努めている。
                楽しく学ぶ雰囲気づくりも大事なようだ。

                では、またお会いしましょう。(^^)/


                 
                オステオパシー・セミナー | permalink | - | - | -

                オステオパシーを学ぶには

                0
                   大阪府堺市堺区の整骨院のブログです。
                  当院はオステオパシーを治療に取り入れています。

                  先週の土曜日、私と同じくオステオパシーを勉強している友達と一緒に勉強会することになった。すでに何回か集まっている。

                  オステオパシーって、学ぶには果てしなく長い道のりで
                  相当の覚悟が必要。

                  どうしてか?
                  「全身を診る徒手医学」というのが、オステオパシーなので
                  全身の筋骨格系、内臓、頭蓋を触診して施術できる知識と技術が必要だから。
                  触れることができない器官もある。脾臓などがそれにあたる。
                  それも勉強するのだ。

                  そういうわけで、勉強する量がとてつもなく多い。
                  だから
                  一緒に勉強する仲間の存在がとても大事になってくる。一人では、がんばっても処理できる能力に限界がある。わからないところを、お互いに補うことで得ることが非常に多い。

                  将来も、この勉強会を継続するつもりでいる。I先生これからも、よろしくね。

                  またお会いしましょう(^_^)/





                  オステオパシー・セミナー | permalink | - | - | -

                  オステオパシーを学ぶこと

                  0
                     大阪府堺市堺区の治療院のブログです。
                    当院はオステオパシーを治療に取り入れています。

                    先日、Academyの講義があり、参加してきた。
                    講師は、医師でオステオパスでもある
                    Alain Sadoine M.D. D.O. 先生で



                    内容は、症候学。
                    先生は、もともと総合診療医だったそうで
                    知識の広さ、深さが半端ではない。

                    反対に、ここまで勉強しなくてはいけないのだと
                    改めて、オステオパシーを学ぶことの大変さが
                    認識できた。がんばるしかないよね。(^_^;)

                    自分でいうのもなんだけど、ここまで勉強している
                    整体師って、いないよね。
                    だって、全身の解剖、生理から、臨床医学まで学ぶんだから
                    そんで、全身に施術できるんだよ。
                    ね、ちょっとすごいでしょ。(^_^.)

                    では、またお会いしましょう(^^)/
                    オステオパシー・セミナー | permalink | - | - | -

                    オステオパシー治療技術がうまくなるには

                    0
                       大阪府堺市堺区の整骨院のブログです。
                      当院はオステオパシーを治療に取り入れています。

                      私、オステオパシー技術を先生から教えてもらう時に
                      「こうして、こうやってこうする」みたいな教え方
                      丸暗記的な覚え方にいつも抵抗がある。

                      こうするのは、それぞれ理由があると思うので
                      なぜこうするのだろう?ってな具合に
                      理由を考えてしまうのだ。だから、理由が理解できたときの
                      技術は習得しやすい。

                      そんなことで、理解できないテクニックは勝手に省く悪い癖がある。

                      でもやはり、省くとそれが良くないようで
                      臨床成績に影響するようだ。(~_~;)

                      そこで、もう一度ノートを読んで再学習し理解した上で
                      自分の技術を修正すると、臨床成績がグンとよくなる。

                      最近自分でも腕を上げたなと思うことがチョコチョコある。
                      上手くなる時って、ポンってな具合で上がる感じ。

                      しかし、自分は壁にあたりながら覚えていくので人より
                      時間がかかるのかもね。(*^_^*)

                      それも仕方がないよね。
                      丸覚えが大嫌いなのだから。

                      少々時間がかかるかもしれないが
                      今後も自分流を貫くことにしよう。
                      だって、理屈がわかった時の楽しさは
                      他では味わえないのだ。

                      では、またお会いしましょう(^^)/





                      オステオパシー・セミナー | permalink | - | - | -